予防的リハビリと緩和的リハビリについて

ビル

がんのリハビリと言っても、患者の状態や治療段階によって複数に分けられます。
がんと診断されてからすぐに始まるのが予防的リハビリです。
がんの手術後、後遺症や合併症が起きる確率はゼロパーセントではありません。
とは言え、運任せと言うわけでもないです。
少しでも確率を下げるために予防的リハビリは行われます。
どう言うリハビリを行うかですが、呼吸法や痰を出す練習です。
これは、手術がスムーズにいくかどうかか関わってくるので、真剣に取り組まないといけません。
また、がんのリハビリと言うと、緩和的リハビリを思い浮かべる人も少なくないでしょう。
末期のがん患者が対象になります。
緩和的リハビリは、とにかく痛みを取り除くことに力が注がれると言うイメージがありますが、それだけではありません。
患者が希望する生活ができるように、日常生活の動作を指導し、支援することもあります。
自宅の生活環境を整えるためのアドバイスもしてくれます。

ビル